わらべうたを子どもたちの手に取り戻しましょう。


 2013年5月から、福島市内の保育園でわらべうたを遊んだり、保育士さんに助言をするヴォランテイアを始めました。
 保育園の子どもに出会うのは初めてのことでした。全ての子どもに、例えばゼロ歳の赤ちゃんにもどれ程多くの可能性に溢れているかということに深く打たれました。初めて親子わらべうたもさせて頂きました。親の世代がもうわらべうたで遊んでいないのでした。一方、大人たちは忙しく、愛情をお金で買えるもので表すようになっていま した。子どもが愛情で見つめられていないのです。すでに保育園の子どもが突然切れて暴れたりします。
 このレポートはこの間の私のわらべうたの活動の集大成です。
 日本女子大や仙台白百合女子大で授業させて頂いたこともありがたいことでした 。


わらべうたを子どもたちの手に取り戻しましょう。(PDF file)