会津のわらべうた



 3月から会津のどんぐり山保育園に1カ月に1回行って、保育士さんのわらべうた遊びの助言をしています。保育士さんが見る見るうちに子どもたちを上手に遊ばせるようになって本当に嬉しいです。どんぐり山保育園の高木園長先生、保護者さんや地域の方々のご協力を得て、会津で幼い日に遊ばれたわらべうたを教えていただき始めました。わらべうたは、子どもによって創られ、歌い継がれながら変化してきました。今も、子どもたちはわらべうたを作り変えながら、新しいわらべうたを創っています。数十年前に会津でどんなわらべうたが遊ばれていたかを知ることは、とっても素敵なことです。増子さん、二瓶さん、金田さんは、本当に楽しそうに遊んでくださいました。有難うございました。


第一回

収録日; 2014年6月24日収録)15時―17時20分

収録場所;どんぐり山保育園 福島県会津若松市門田町 

伝承者;
増子二三四さん S.2年生  会津若松市慶山出身  (S.10年代)
          (民話の語り部で、大龍寺で夜語りをされている。)
二瓶静江さん  S.19年生  会津坂下出身      (S.30年代)
金田幸子さん  S.19年生  会津若松市材木町出身(S.30年代)
          (民話の語り部)
1.さよなら三角 またきて四角 2.まりつきうた(山のしばぐり)
3.とりおいうた 4.からすからす