ハンガリーの作曲家クルターグ・ジェルジュの90歳を祝うフェスティヴァル
「Kurtág 90」、連続のガラ・コンサート

降矢美彌子(宮城教育大学名誉教授)

ハンガリー音楽雑誌2016年2月号 クルターグ特集からの写真
                     
 ハンガリーの作曲家クルターグ・ジェルジュの90歳を祝うフェスティヴァル「Kurtág 90」、連続のガラ・コンサートが、2016年2月14日-22日に、毎夜、ブダペシュト・ミュージック・センター(BMC)、リスト音楽大学大ホール、芸術宮殿(MÜPA)、ハンガリー国立オペラハウスなどで行われた。
この壮大なガラ・コンサートでは、クルターグのあまり聴かかれることのない作品も含めてクルターグのほとんどすべての作品が、多くのハンガリーと外国人演奏家によって演奏された。演奏者の多くは、クルターグがリスト音楽アカデミー時代から教えた演奏家や、初演などによって彼の作品を世界的に著名な演奏家たちだった。

 主な演奏家:コチシュ・ゾルターン、 ガーボル・チャロッグ、アンドラーシュ・ケラー、エトヴェシュ・ペーテル、ラーチ・ゾルタン、ナタリア・ザゴリンスカヤ、ユリアネ・バンセ、ピエール=ローラン・エマールなど多数50人を超える演奏家と演奏団体。会場は、ブダペシュト・ミュージック・センター(BMC)大ホール。
満員の聴衆に囲まれて

 また、2冊の新譜記念楽譜も出版された。ンガリーのピアニストコチシュ・ゾルターンのためクルターグ自身が2006年に1974年から収集し、コピーされた『遊び ピアノのために』の手書きの原譜『コチシュ・ゾリのためのノート』と『エジプトのカップルー未知への途中(アップライトピアノをソルデイーノ・ペダルで』。コチーシュは、スクリーンに、手書きのマニュスクリプトを映し出し、エピソードを語りながら演奏した。すぐれた映像作家クルターグ・ユディット(孫娘さん)のドキュメンタリー映画も上映された。ガラ・コンサートは、BMCで行われたが、翌22日には、国立オペラ劇場で、菊池裕美(ヴァイオリン)・波木井賢(ヴィオラ)による「コンチェルタンテOp.42-ヴァイオリン・ヴィオラとオーケストラのための」が演奏され、クルターグ夫妻は、これまでで一番美しかったと喜ばれた。コンサートをぬって、2回のラウンドテーブルディスカッションや講義も並行して行われた。
出版された2冊の楽譜

 ハンガリーの作曲家Kurtág György (1026.2.19- )は、現ルーマニア領、ルゴシュ生まれ。2016年2月19日で満90歳を迎えた。クルターグは、残念ながら来日することがなく、したがって日本では、作品が演奏されることも少ない。クルターグの作品は、声楽曲、室内楽、協奏曲、民族楽器ツンバロンの作品、オーケストラ作品、合唱曲、ピアノ曲、ヴァイオリンなどの作品と多岐にわたっている。主な作品としては、以下の作品などがあげられる。

 「弦楽四重奏第一番」Op.1(1959年)、「ピーター・ボルネミサの語りしきこと-ソプラノとピアノのための」Op.7(1963-1968年)、「ミハーイ・アンドラーシュへのオマージュ~弦楽四重奏のための12のミクロリュード」Op.13(1997年)、「亡きR.V.トュローソヴァのメッセージ / リンマ・ダロスによる21の詩」Op.17(1976-1980年)、「絶望と悲しみの歌」Op.18(1980-1994年)、「カフカ断章」Op.24(1987年)、「...幻想曲風に...(...Quasi una fantasia...)」Op.27-1(1987-1988年)、「ダブル・コンチェルト」Op.27-2(1990年)、「オフィチウム アンドレア・セルヴァーンスキを追悼して」Op.28(1988-1989)、「石碑―管弦楽のための」Op.33(1994年)、「ヴァイオリン、ヴィオラとオーケストラのためのコンチェルタンテ 裕美と賢へ」Op.42(2003年)、「ヒパルティータ」Op.43(2000-2004年)、「アンナ・アフマートヴァによる4つの詩」(1997-2008年)。1作品ではないが小品集『あそび ピアノのために(全8巻)』も代表的な作品だ。

 クルターグは、世界中のほとんどの賞を受賞しているが、2015年6月、スペインのBBVA財団の2015年の現代音楽カテゴリーで、「稀な表情豊かな強烈さ」に対してフロンティアの知識賞を受賞した。国際審査員は、クルターグが際立っているのは、彼の音楽の素材ではなく、その精神にあり、その言語の信憑性、そしてそれは形式主義と表現との間で、自発性と反射との間の境界線を横切るような信ぴょう性にあると書いている。クルターグは、ヨーロッパの現代音楽シーンにおいてリゲティ、シュトックハウゼンやブーレーズの世代の名前に連なる。クルターグは、現在をサミュエル・ベケットの『エンド・ゲーム』の作曲に命を削っている。18日のガラ・コンサートでは、始めの部分の短い初演を行い、続けてクルターグはステージに登って、レッスンを少し行った。
ベケットのオペラ「エンド・ゲーム」のできたところを見せるクルターグと部分初演後

18日のプログラムは、夜の21時から親しい友人だけのためのコンサート


 クルターグは、自分の作曲に対して、音楽史上の全ての作曲家の作品を徹底して学んだと言われているが、2月21日の「ほとんど知られていないクルターグ 古い音楽の庭の花」は、そのことが本当に実感されるコンサートであった。古い音楽の庭の花では、バルトーク、バッハ、ケージ、ウエーヴェルン、リゲティ、モーツアルト、ムソルグスキー、ベートーヴェン、ハイドンなどからの作品が演奏された。
 クルターグの『遊び ピアノのために』全8巻は、特に1・2巻は、図形楽譜が多く、子どものための作品のようにも受け取られているが、例え、Ⅰ巻や2巻からの作品であっても、子どもと大人、アマチュアとプロフェッショナルを区別しないクルターグの作品の作品としての素晴らしさが全開という素晴らしい演奏だった。なお、ご子息のクルターグJr.は、作曲家でエレクトロニクスの演奏家だが、80歳記念演奏会の時初めて共演した。90歳記念演奏会では、何曲か共作を演奏し、クルターグの新しい世界を示唆した。

 フェスティヴァル「Kurutág 90」、連続のガラ・コンサートの期間中、ブダペシュトのミュージック・センターのホール・ロビー(Budapest Music Center)には、フェルヴィーギ・アンドレア(Felvígi Andrea)のクルターグとマールタ夫人の沢山の写真が数多く展示された。ピカソも多くの写真集が出版されているが、やがて、クルターグの写真集も出版されるだろうと言う音楽の聴こえるような写真展示だった。

 全体を聴いての印象は、音楽史上、90歳まで現役として活躍している作曲家はほとんどなく、さらにクルターグの作品は、すでに音楽史の遺産となっているという実感だった。また、クルターグは、作曲、演奏、指導の3つを一つの生きざまとして生涯取り組んだが、ハンガリーにそれらの教えを受けた素晴らしい演奏家が沢山育ったのだと言うことも感慨深く実感された。コンサートは連日満席、世界の各地から聴衆が集まった。クルターグご夫妻は、全音楽会を聴かれた。昨年11月25日録音のクルターグ夫妻のバッハ連弾編曲集から3曲のYouTubeアドレスを載せる。是非、お聴きいただきたい。クルターグの代表作の多くがYouTubeにアップされている。
http://www.classicfm.com/composers/bach/news/duets-video-kurtag/#fYXyqBAxy4L8Rmm8.97


2月14日(日) 19:30 
ブダペシュト・ミュージック・センター(BMC) コンサート・ホール
 Kurtág 90  トゥルソヴァ/とげ(サールカーク)/アフマートヴァ

【プログラム】
クルターグ・ジェルジュ: 
「故R.V.トゥルソヴァ嬢のメッセージ」 Op. 17
「とげ 」(部分)―ヴェーコニ・イルディコーの思い出に
「アンナ・アフマートヴァの4つの詩」Op.41

【出演者】
ソプラノ;ナタリア・ザゴリンスカヤ(Nataria Zagorinskava)
ツィンバロン;サライ・アンドラーシュ(Szalai András)
室内アンサンブル;UMZE(新ハンガリー音楽協会)室内アンサンブル 
指揮;エトヴェシュ・ペーテル(Eötvös Péter)


2月15日(月) 17:30
BMC(ブダペシュト・ミュージック・センター)公立図書館

 Kurtág 90 別の視点から-ラウンド・テーブル-ディスカッション

       音楽家や他の芸術の代表の話
       クルターグ・ジェルジュの芸術
ピアニスト;チャログ・ガーボル(Csalog Gábor)
芸術評論家;フェルデーニ・F・ラースロー(Földényi F. László)
作曲家;イェネイ・ゾルターン(Jeney Zoltán)
ピアニスト;ケメネシュ・アンドラーシュ(Kemenes András)
画家;スューツ・ミクローシュ(Szűts Miklós)
ジャーナリスト;ウングヴァーリ・ルドルフ(Ungváry Rudolf)
クルコン・ベア(Klukon Bea)
       対談の進行役;音楽史家 ファルカシュ・ゾルターン(Farkas Zoltán)


2月15日(月) 19:30
BMC(ブダペシュト・ミュージック・センター)コンサートホール
Kurtág 90 ピアニストたちの輪

【プログラム】
クルターグ・ジェルジュ:
 『遊び』から
 『サイン、ゲーム、メッセージ』から
 『8つの二重奏曲』op.4
 『サイン、ゲーム、メッセージ』から
 「ヴァルガ・バーリントのリガトゥーラ」
 パーセルとバッハの作品の編曲
 四手連弾の『遊び』4巻と8巻から
 「ベレーニィ・フェレンツ70歳へのオマージュ」
 「無窮動(見つけたもの)」
 ...そしてもう一つ 「花、人」

【出演者】
ピアノ;ケメネシュ・アンドラーシュ、チャログ・ガーボル
ルディウム・アンサンブル(Ludium Együttes):ピアノ;アンドル・クリスティアーン(Andor Krisztián) 、ダニ・イムレ(Dani Imre)、フェイェールヴァーリ・ゾルターン(Fejérvári Zoltán)、キシュ・ペーテル(Kiss Péter)、ネーメト・アンドラーシュ(Németh András)、パロイタイ・ヤーノシュ(Palojtay János)
ヴァイオリン;リサ・ロメイン(Lisa Romain)、
ヴィオラ;トルニャイ・ペーテル(Tornyai Péter)
チェロ;ウーイハージ・ジェンジ(Újházy Gyöngyi)
ツィンバロン;サライ・アンドラーシュ(Szalai András)


2月16日(火) 19:30
Kurtág 90 クルターグへのオマージュ
BMC(ブダペシュト・ミュージック・センター)コンサートホール

【プログラム】
セーレーシ・アンドラーシュ(Szőllősy András):「哀歌」
リゲティ・ジェルジュ(Ligeti György):「チェロ協奏曲」
ヴィドヴスキ・ラースロー(Vidovszky László):「プロムナード(散歩道)」
イェネイ・ゾルターン(Jeney Zoltán):「ヘラクレイトスの断片」

【出演者】
チェロ;ローマン・ディッタ(Rohmann Ditta)
室内アンサンブル;UMZE(新ハンガリー音楽協会)室内アンサンブル(UMZE Kamaraegyüttes)
指揮;ラーツ・ゾルターン(Rácz Zoltán)



(p.12) Kurtág 90 遊び(Játékok)


2月17日(水) 19:30
BMC(ブダペシュト・ミュージック・センター)コンサートホール

【プログラム】
ヨハン・セバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach):『三声のインヴェンション』 BMW 787 - 801、
クルターグ・ジェルジュ(Kurtág György):「三重奏のためのサイン、ゲーム、メッセージ」(Jelek játékok, üzenetek vonóstrióra)、 「首飾り」(Klárisok)
クルターグ・ジェルジュ(Kurtág György) -オリヴィエ・ツェンデト(Olivier Cuendet):「遊び-室内アンサンブルのための編曲」(Játékok – átiratok kamaraegyüttesre)
クルターグ・ジェルジュ(Kurtág György):「ピリンスキ・ヤーノシュ:病誌(パトグラフィー)と白鳥の歌」(Pilinszky János:Kórkép  és hattyúdal)

【出演者】
ヴァイオリン;クルッパ・バーリント(Kruppa Bálint)
ヴィオラ;トルニャイ・ペーテル(Tornyai Péter)
チェロ;ゼーテーニ・タマーシュ(Zétényi Tamás)
合唱団;ハンガリー国立合唱団(Nemzeti Énekkar)
 指揮;アンタル・マーチャーシュ(Antal Mátyás)
交響楽団;ハンガリー国立交響楽団(Nemzeti Filharmonikusok) Kamarazenekara
 指揮;オリヴィエ・ツェンデト(Olivier Cuendet)


 Kurtág 90 コチシュ・ゾリの楽譜
      コチシュ・ゾルターンよって編集されたクルターグ・ジェルジュの自筆楽譜の初演


2月18日(木) 18:00
BMC(ブダペシュト・ミュージック・センター)コンサートホール

【出演者】
ピアノ;コチシュ・ゾルターン(Kocsis Zolán)
音楽史家;ウィルヘイム・アンドラーシュ(Wilheim András)


Kurtág 90 クルターグの誕生日
2月19日(金) 19:30
リスト音楽院大ホール(Zeneakadémia)

【プログラム】
クルターグ・ジェルジュ(Kurtág György):
 「メッセージ」(Üzenetek)
 「チェロとピアノのための二重奏曲」(Kettősverseny csellóra és zongorára) Op.27. Nr.2.
 「…クワジ ウナ ファンタジア(幻想曲風に)…」(…quasi una fantasia…) Op.27.No.1
 「オーケストラのための新たなメッセージ」(Új üzenetek zenekarra) Op.34 / a
クルターグ・ジェルジュ、クルターグ・ジェルジュ・ジュニア、オリヴィエ・ツェンデト:
 「対話 - シンセサイザーと室内オーケストラのための」(Zwiegesprach-dialógus szintetizátorra és kamarazenekarra)
クルターグ・ジェルジュ(Kurtág György):
 「荘厳な小さな音楽」(Petit Musique solennelle) ― ハンガリー初演

【出演者】
ピアノ;ピエール・ローラン・エマール(Pierre-Laurent Aimard)、タマラ・シュテファノヴィチ(Tamara Stefanovich)
チェロ;ルイズ・ホプキンス(Louise Hopkins)
エレクトロニクス、鍵盤楽器;クルターグ・ジェルジュ・ジュニア(ifj. Kurtág György)
聖エフレーム男声合唱(Szent Efrém Férfikar)
コンチェルト・ブダペシュト(Concerto Budapest)
指揮:ケッレル・アンドラーシュ(Keller András)

Kurtág 90 クルターグのホーム・ビデオ


2月20日(土) 19:30
芸術宮殿(MÜPA)フェスティヴァル劇場

【プログラム】
クルターグ・ユディット(Kurtág Judit):数十年のフィルム映像を音楽とともにドキュメントフィルムに編集した
クルターグ・ジェルジュ(Kurtág György):「カフカ断章」(Kafka-töredékek) Op.24

【出演者】
ピアノ;ピエール・ローラン・エマール(Pierre-Laurent Aimard)
バリトンサックス;セロ・ギナー(Xelo Giner)
ヴィオラ;波木井 賢
ヴァイオリン;菊地 裕美
ツィンバロン;サライ・アンドラーシュ(Szalai András)
ソプラノ;ユリアネ・バンセ(Juliane Banse)
ヴァイオリン;ケッレル・アンドラーシュ(Keller András)


Kurtág 90 ほとんど知られていないクルターグ
            古い音楽の庭の花



2月21日(日) 19:30
BMC(ブダペシュト・ミュージック・センター)コンサートホール

このコンサートのプログラムは、クルターグは、伝統的に忠実で、一つのやり方で作曲されている。作品はおおよそ、休みなく次々と続けられるので、最後に拍手をいただく。

1.ほとんど知られていないクルターグ
 クルターグ・ジェルジュ(Kurtág György):
  「組曲」(Suite) (1950-51) 4手のピアノのための
  「人生の道」(Életút) op.32 (1982) 2台のピアノと2つのバセットホルンのための
  「ヘアデッケのオイリュトミー」(Herdecker Eyrythmie) op.14 (1979)
  「...スティーヴンのために...」(…for Steven…)(2010)
  「サッフォー:Δεδυκε μεν α σελαννα...」(Sappho: Δεδυκε μεν α σελαννα...) (1994-98)
  「影」(Schatten)(2000-2002)
  「リルケ:終曲」(Rilke:Schlußstück) (2005)
  「ヴァルガ・バーリントのリガトゥーラ」(Varga Bálint Ligatúrája) (2007)
  「情景」(Jelenetek) op.39―フルート・ソロのための―世界初演
  「組曲」(Suite) (1943)ピアノのための
  「ヘラクレイトス断章」(Hérekleitos-töredékek) (1999)
  「親愛なる」(Kedves) (1952)
  「親愛なる―2」(Kedves-kettő) (2007)
  「クルターグ・マールタへのオマージュ」(Hommage a Kurtág Márta)
  「親愛なる 2-3」(Kedves 2-3)
  「…エジプトの男女、よく知らない道へ…」(…coupe égypien en route vers l’inconnu…)(2013)
  「名前のないパッシオ受難曲」(passio sine nomine)(2015)
  「…ウルスラへの遠くからの手紙…」(…ein Brief aus der Ferne an Ursula…) (2014)
  「リガトゥーラ―フランシス・マリーへのメッセージ―答えのない問いへの答え」(Ligatura-Message to Frances-Marie-the Answered- Unanswered Question) op.31/b(1989)

【出演】
ピアノ;ウィルヘイム・アンドラーシュ(Wilheim András)
フルート;バーン・マーテー(Bán Máté)
ピアノ;ボルベーイ・ラースロー(Borbély László)
ソプラノ;ダラージュ・レナータ(Darázs Renáta)
チェロ;ドーリ・ジュジャ(Dóry Zsuzsa)
バセットホルン;クレニャーン・チャバ(Klenyán Csaba)
ヴァイオリン;クルッパ・バーリント(Kruppa Bálint)
朗唱;マールトン・ラースロー(Márton László)
歌;ミゼイ・ゾルターン(Mizsei Zoltán)
ツィンバロン;サライ・アンドラーシュ(Szalai András)
バセットホルン;スューチ・ペーテル(Szűcs Péter)
ヴァイオリン;トルニャイ・ペーテル(Tornyai Péter)
チェロ;ゼーテーニィ・タマーシュ(Zétényi Tamás)

Ⅱ.古い音楽の庭の花

シュッツ(Schüts):「私の神よ、急いで、私を助けて」(Eile, mich, Gott, zu erretten)
バッハ=クルターグ:「・・・」(Nun komm’ der Heiden Heiland) BWV599
バッハ=クルターグ:「キリストよ、神のひとり子」(Herr Christ, der ein’ge Gottes Sohn) BWV601
バルトーク(Bartók):「民謡風」(Népdalféle) (ミクロコスモス100番)
ケージ(Cage):「5」(Five)
フレスコバルディ(Fresconaldi):『音楽の花束』(Fiori Musicai)から「トッカータ」(Toccata)
トラクトゥス(Tractus):「」(Vinea facta est dilecto)
ヴェーベルン(Webern):「ピアノとチェロのための3つの小品」(Drei kleine Stücke für Violoncello und Klavier)op.11
ストラヴィンスキー(Stravinsky):「クラリネットのための3つの作品」(Három darab klarinétra)
リゲティ(Ligeti):「夏」(Der Sommer)
モーツァルト(Mozart):『ディベルティメント』(Divertimento) KV.563から「アダージョ 変ホ長調」(Adagio Es-dur)
ムソルグスキー=クルターグ(Mussorgszky-Kurtág):「古典様式による交響的間奏曲」(Intermezzo in modo classico)
シューベルト(Schubert):「秋」(Herbst) ;「春」(Im Frűhling)
ベートーヴェン(Beethoven):「バガテル ト長調」(Bagatell G-dur) op.126 no.1
ハイドン=クルターグ(Haydn-Kutág):「弦楽四重奏曲 ト長調」(Stringquartet G-dur) op.76 no.1より「アダージョ・ソステヌート」(Adagio sostenuto)


2月22日(月 )19:30
ハンガリー国立オペラ劇場(Magyar Állami Operaház)

【プログラム】
ジョルジュ・エネスク(George Enescu):「ルーマニア狂詩曲第2番」(Ⅱ.román rapszódia)
クルターグ・ジェルジュ(Kurtág György):「...コンチェルタンテ...」(…concertante…)op.42
アントニン・ドヴォルザーク(Antonin Dvořák):「交響曲第9番(新世界から)」

【出演者】
ブダペシュト・フィルハーモニー・ソサエティ・オーケストラ(Budapesti Filharmóniai Társaság Zenekara)
ハンガリー国立オペラ劇場アンサンブル(Magyar Állami Operaház Együttese)、
ヴァイオリン;菊地裕美、
ヴィオラ:波木井賢、
指揮:ローレンス・フォスター(Lawrence Foster)

主催:オペラ劇場



特別学術フォーラム:クルターグ90 ― 4つのプレゼンテーション


2月25日(火) 10:00
MTA BTK 音楽学術研究所(MTA BTK Zenetudományi Intézet)
バルトーク・ホール(Bartók Terem)


ケレークフィ・マールトン(Kerékfy Márton):『クルターグ・ジェルジュ作曲「弦楽四重奏曲」におけるリゲティの影響』
ダロシュ・アンナ(Dalos Anna):『クルターグ・ジェルジュの作品の形式の研究』
ハラース・ペーテル(Halász Péter):『クルターグと演奏』
ヴィルヘイム・アンドラーシュ(Wilheim András):『ヨーロッパ音楽史におけるクルターグの位置』
(プログラム訳 岩淵摂子)