クルターグの91歳の誕生日、クルターグ夫妻の結婚70周年の日に
フランコ・ブイトニ賞を受賞



左から、イライア・ボルレッティ・ブイトニ、クルターグ・マールタ、
内田光子、クルターグ・ジェルジュ


 フランコ・ブイトニ賞は2017年2月19日、クルターグの91歳の誕生日で、夫妻の結婚70周年の日に、クルターグ・ジュエルジュとクルターグ・マールタ両氏に音楽界への著しい貢献と長きにわたる献身的な音楽パートナーシップにより、フランコ・ボルレッティ・ブイトニ賞(BBT)を受賞しました。(賞金は、3万ポンド)この賞は、2002年にフランコ・ブイトニ(Franco Buitoni:1934-2016)が妻のイラリアと共に設立しました。

 この日、ブタペシュトで、イライア・ボルレッティ・ブイトニとともにBBTの受託者である内田光子氏がこの賞を夫妻に渡しました。イライア氏は、「私の夫の長年の音楽に対する愛と支援を誇りに思い、また、内田光子さんが選んでくださったこの賞に値する音楽家クルターグ夫妻を尊敬します」と語りました。

  内田光子さんの言葉。「クルターグの音楽を考える時、激しい、神秘的な、暗い、異世界が心に来ます。しかし、彼はインスピレーションと激しい情熱に正直ですが、また、彼の音楽を通して輝く深い愛もあります。これは彼の妻、マールタとの特別な関係の表出であるかもしれません。クルターグ夫妻の演奏を聞いたことがある人なら誰でも、彼らの4人連弾からそれらが届けられるのを知っているでしょう。偉大な作曲家クルターグは、彼の常に素晴らしいピアニスト、マールタ夫人と音楽を創るのです。彼らは一緒に音楽を生きます。したがって、フランコ・ブイトニ特別賞はクルターグとマールタ夫人に贈られます。」
 
 BBT賞は、2003年に最初に授与されてから、世界中の音楽家やアンサンブル100名以上に授与されています。